そろそろ終いかなぁ……

    2016-10-16(Sun)

とか思ったり。
ブログという形にこだわってはいませんし、そもそも更新頻度も低い。
となると、ときおりそんなことを考える。

しかし、とも思う。
考えるってことは、気にしてるってことだ。
ここを終わりにした時のこととか。
きっと、頻度は低いとはいえ、更新している小説も書かなくなる可能性が高い。
モチベーションとまではいかないけど、発表の場のあるなしは大きい気がする。

うん、実際どうだろう?
試してみないとわからないけど、試したくはない。そんな中途半端な状態。
でも、だらだら続けるよりは、いちどすっきりさせたほうがいいのかな、っていう独り言。

ああ、そういえば。
どうでもいい話なのだけれど、小説を一番最初に書こうとして一文字も書かずに筆が止まった時のことを思い出した。
いや、今思えばどうしてそんなことを思ったのだろう、とすごく不思議なのだけれど、

「登場人物の動作ってどこまで細かく書けばいいんだ?」

ということ。
伝えるのに必要な情報量、もしくは伝えたい情報量の分書けばいいじゃない、とかそういう問題じゃなくて。

どう説明したものかな。

例えば、『掴む』って動作。
まあ、読んで字のごとく、掴むは掴むでしょ、としか言いようがないのだけれど、強弱とか様子とかそんな次元よりももっと根本的に、掴むという動作は何をしているか、ってところです。

ものを認識する→五指を広げる→腕を伸ばす→ものに触れる→指を曲げる

これだけの動作をすれば、おそらく『掴む』という動作は完遂できているはず。(掴もうとしていたものが幻でなければ)
ホントのホント、最初はこの一連の動きを書かなければいけないのか、としごく真面目に考えてました。

ええ、阿保ですね。ド阿呆です。
でも、そんなことを考えた理由に心当たりがないわけでもない。
というのも、頭の中にあるのは情景であり、つまるところ映像に近いものです。
それを真面目に書こうとすると、きっと上のような状態に陥ったのだろう、と。そう思います。

いやはや懐かしい。
っていう文章を書いて、少し小説に向き合う準備を始めるのでしたとさ。

ちゃんちゃん♪
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール


Author:栗栖紗那

FC2プロフィール



BirthDay:5/8
BloodType:O

趣味で物書きやってる元学生。
プログラミングもするけど、そこまでスキルがあるわけでもない。

普段はぐだぐだとくだらないことを考え、よく妄想の世界で遊んでいる。
基本的に脳みそお花畑な人間。




最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
55位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アスパラグリーン

執筆と脱線の日記

旅の空でいつか

Debris circus

Fakelore Maker

いえのコップは使えない

移ろひ

満身創痍

玩具箱を引っくり返したッ!!

ピナフォークの残念なブログ

からくり童子 風のジード

展示中。自作ラノベ&詩!!

リツギのラノベ妄想でいず!

ナマクラ!Reviews

気ままな雑記帳

ピクルスの味

兎の読書週間

凛音天青

おさんぽ日和

星たちの集うskyの星畑

百鬼夜行に遅刻しました

Take it easy!!!!

smooch♪

scribo ergo sum

H0nNe96の雑記