FC2ブログ

映画を見たという報告に見せかけた、広告抑制用記事

    2015-02-16(Mon)

らしいですよ?

うん、いきなり何を言いだしているんでしょうね。
久しぶりの日記で、ボクが今までどういう風に書いてきたのかすっかり忘れています。
でも、たいがい適当だった気がするので気にしないことにしましょう。

で……
映画行ってきました。すでに、一回目から二週間以上経過してますけどね。そして、二回目からも一週間。
HAHAHA、まったくすぐに記事にすれば広告なんて出やしないのに、そう言うところでさぼるから!

見に行ったのは劇場版『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC』です。

M8QHFYDNBa93Q4WC86JCDX9S.jpg 

ざっくりあらすじを言うと、

温暖化による海面上昇で生存空間が狭まった人類。
そんな人類に対し、古い戦艦を模した自動兵器、霧の艦隊が突如として現れ、制海権と制空権、さらには通信の自由さえ奪う。
閉塞的な世界に風穴を開けるために、少年達が反撃の狼煙をあげる。


的な感じです。
そして、自動兵器ではあるものの『メンタルモデル』と言われる人型(女性)のインタフェースを構築しているので、会話は可能。
反撃の糸口になったのも、本来は霧の艦隊側の存在であるはずの潜水艦『I-401』です。
彼女たち(全員女性として登場するのでそう呼称)はアドミラリティコードという行動規範に沿って動いていますが、『I-401』ことメンタルモデル『イオナ』に唯一与えられた命令は主人公の少年に従うこと。
そこからして、アドミラリティコードなるものの不可解さがあり、彼女たち自身、どうして存在し、どうしてそれに従うのかすらわかっていません。

話の全体的な筋としては、人類が再び力を取り戻す、という方向ですが、主人公たちは霧の艦隊を意志ある存在として定め、対等の関係を築こうと奔走するです。
それがたとえ、人類の大多数(そして主に政治家)が望まない道だとしても、それを正義と信じて……

まあ、色々ぐだぐだ書きましたが、一言で言うなら、

「イオナちゃん可愛い」

でいいと思います、はい。
ツンデレ重巡『タカオ』や大戦艦『ヒュウガ』もいいですが、やはり一番はヒロイン『イオナ』に決定です。

面白い映画は二度見ても面白いですし、感動できる場面はきちんと感動できます。
個人的には、イオナ撃沈の場面と姉妹艦である『I-400』『I-402』との戦闘、そして撃破の場面ですかね。
後者に関しては、色々と物悲しい場面です。
全体的に、兵器がプログラムでない感情を得たが故の苦悩が描かれていて、(前半の)ラスボスもそれ故に悩み、完全に対立してしまったのですしね。

まあ、興味があれば是非。とはいうものの、都心でも上映している館は少ないので、地方だとどうなのでしょう……
まずはアニメシリーズを追ってみるのもいいかもしれません。もちろん原作の漫画も、ね。

そんな感じで栗栖紗那はいきてますよ、という記事でした。


関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

こんにちわ^^

美少女=軍艦。アイデアは良かったんですが、同系で明るい目の「艦これ」にパクられちゃいましたね~
少しシリアスな設定にし過ぎたのかな?内容的には「アルペジオ」の方が良い様に思いますが^^

Re: こんにちわ^^[sado joさんへ]

こんばんは。

確かに、同じ素材を用いたコンテンツとして比較すれば、『艦これ』の方がはるかにメジャーで、成功しているといえますよね。
アニメの方はともかくとして、ゲーム版の方はカジュアルに可愛い戦艦を集めて遊ぶだけの人から、その戦艦について深く調べて遊ぶ人まで、それぞれのペース、深さで遊ぶことが出来ますし、「設定」を提供することで妄想をさしはさむ余地がありますから、一種の参加型コンテンツとしても成り立っているようにも思います。それこそ、無数の『薄い本』が制作されるほどに、です。

一方、アルペジオはアニメもコミックも名作だとは思いますが、やはり一方通行になりがちですからね。
「物語」があることによるシリアスさを楽しむ(?)ことが出来るので、個人的にはアルペジオの方が好きです。

コメントありがとうございました。

No title

むう。お久しぶりです。
絵はわたし好みなアニメだなー。
なた機会があったら見よう。
お互い広告が出ないように頑張りましょう。
ヽ(^。^)ノ

LandMさんへ

こんばんは。
返信大変遅くなりまして、申し訳ございません。

お久しぶりです。
ベースを3Dで制作し、それをアニメの絵らしく見せる手法らしいです。
でも、それを抜きにしてもボクとしても大変好みの絵柄であったり、キャラデザだったりします。

劇場版は場所がかなり限られてしまいますが、機会があれば是非に。

そうですね、LandMさんは連載を続けていらっしゃいますから心配はないかと思いますが、お互い広告を出さないように続けていけたらと思います。

コメントありがとうございました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール


Author:栗栖紗那

FC2プロフィール



BirthDay:5/8
BloodType:O

趣味で物書きやってる元学生。
プログラミングもするけど、そこまでスキルがあるわけでもない。

普段はぐだぐだとくだらないことを考え、よく妄想の世界で遊んでいる。
基本的に脳みそお花畑な人間。




最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
64位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アスパラグリーン

執筆と脱線の日記

旅の空でいつか

Debris circus

Fakelore Maker

いえのコップは使えない

移ろひ

満身創痍

玩具箱を引っくり返したッ!!

ピナフォークの残念なブログ

からくり童子 風のジード

展示中。自作ラノベ&詩!!

リツギのラノベ妄想でいず!

ナマクラ!Reviews

気ままな雑記帳

ピクルスの味

兎の読書週間

凛音天青

おさんぽ日和

星たちの集うskyの星畑

百鬼夜行に遅刻しました

Take it easy!!!!

smooch♪

scribo ergo sum

H0nNe96の雑記