FC2ブログ

40000HITリクエスト 第一弾後編

    2014-07-19(Sat)

stella

こんばんは。

当初の想定と違う方向に落ち着きました。
まあ、書きあがってみると、この形がよかったな、と思いますね。
最初に思っていた方がコメディとしてはよかったのかもですが……

なにはともあれ、リクエストの一つは終了です。
これから二つ目に手を付けるのですが……
まったくもって構想が固まってないです。
これはアレですね。気の向くまま、筆の向くままに書くのが吉かもしれません。
案ずるより、産むが易しというやつです。
あ、でももうしばらく考えたいな……それでも無理なら、勢いでやってみようと思いますけど。

本編は以下リンクよりどうぞ。

ユーニスとスイカ 後編
関連記事

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

おお、完結だ〜

こんばんは。

いい感じで着地しましたねぇ。
みんな楽しそうです。
ユーニスはスイカ割でいい所を見せたし、ミオはカロンにロックオンしているし、でも、まおーとクレアが「いつも」っぽくいい感じだし。
「キ○チョーの夏、日本の夏」の舞台に異世界のキャラたちがすんなりと溶け込んで、いい感じです。そして、カロンは厨房でも超有能なのですね。いいなあ。
「大なり小なり変化をしつつ、でも大切なところでいつもを続けていく」っていいですね。私もこの世界に馴染んできて、この「いつも」にほっとしますよ。

堪能させていただきました。素敵な作品、ありがとうございました。
ミオの家がスライムで埋まっちゃわないことを祈りつつ!

Re: おお、完結だ〜[夕さんへ]

こんばんは。

少しばかり、しんみりした終わり方になりましたけど、ユーニスさん、夏に物思う、ということで(笑)

今回は魔王様とクレアではなく、カロンとミオに焦点が当たっていた感じですが、それぞれに夏を楽しんでいたようです。
まぐれでも、ユーニスはいいところ見せられましたね。
ミオとカロンは……お嬢さん、彼にアタックしても(以下略)
フィアとクレアはなんだかんだ言って仲いいです。しかし、まだまだ恋人というにはアレな感じです。でもまあ、このいつもの感じというのが二人には合ってるような気がします。

ミオの適応力もさることながら、一度は来ている魔王様やクレア以上にカロンは溶け込んでいるような……
ユーニスもちゃっかり楽しみつつ、自然に混ざってますからね。

> カロンは厨房でも超有能なのですね。いいなあ。
貴族の筈なんですけど、一人暮らしで自炊してたり、フィニスのところでも色々教わってますからね。
本当に、どこに居ても有能な人の気がします。

各自、ワイワイガヤガヤと、騒いでいるのが彼らのいつもですからね。
自己主張が強いのがたくさんいますけど、つり合いが取れている不思議……いえ、きっと裏で苦労してるのでしょうけれど(笑)

楽しんでいただけたようで何よりです。
こちらこそ、リクエストありがとうございました。

> ミオの家がスライムで埋まっちゃわないことを祈りつつ!
もしかしたら、数百文字程度の後日談を書くかも……?

こんばんは~。

フィアとクレアがいい感じで並べたのが嬉しかったです。
最初に比べてフィアの様子に変化が現れて、サキとしてはとても喜んでいます。
角を保つ恐ろしいイメージの魔王は、物語の進行につられて急激に変化していますね。
角はまだちゃんと有るのでしょうが、赤い髪は短くなっていたはずですよね。
風呂上がりのシーンなどは色っぽさもあっていい感じですね。
スイカのお題でスイカ割り、あちゃ~そのままじゃない。と失礼にもサキは思ってしまったのですが、これがまた“日本の夏”設定に上手くはまってとても楽しかったです。
読み終わってからですが、この設定がやっぱり最適だったのかな、そんなふうに納得しました。
ユーニスの語り、フィアに対する気持ちがよく出ていてよかったですよ。
このシリーズではゆっくりホノボノさせてもらいました。

Re: こんばんは~。[山西 サキさんへ]

こんばんは。

フィアとクレアの距離感はこんな感じかな、と思います。
時が経てば、また違った距離にもなってくるでしょうけれど。
刺々しかった彼女も、今では普通の少女という雰囲気です。クレアの方もなんだかんだ世話を焼く性格ですからね。

角は健在で、髪の毛は少し伸びてきています。でも、前ほど伸ばしてはいないようですよ。
風呂上がりのしっとり感は定番かな、と。見つめられて照れているので、余計に色っぽいかも。

スイカのお題に対しては、今回はストレートで攻めてみました。
初期案だと、スイカの扱いがろくなことになりませんでしたし……
でも、おっしゃる通り、日本の夏を書こうとすると、こういったストレートな感じが一番合うと思います。
ユーニスたちにとっては異文化体験でもありますし。

ミオを再び出そうと決めた時、解は決まっていたようですね。
その中で、普段脇役な扱いのユーニスが語ることで、昔と今を繋ぐ物語になったのかな、と……(実際、そこのところどうなのでしょう?)

ところどころにネタを挟みつつ、まったりほのぼのと出来るように書いたつもりだったので、よかったです。

サキさんからのリクエストはもう少々お待ちください。
結構な難産です。幾つか考えて、やはり違うと没の連続……ぐぬぬ、諦めませんぞ!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール


Author:栗栖紗那

FC2プロフィール



BirthDay:5/8
BloodType:O

趣味で物書きやってる元学生。
プログラミングもするけど、そこまでスキルがあるわけでもない。

普段はぐだぐだとくだらないことを考え、よく妄想の世界で遊んでいる。
基本的に脳みそお花畑な人間。




最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
64位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アスパラグリーン

執筆と脱線の日記

旅の空でいつか

Debris circus

Fakelore Maker

いえのコップは使えない

移ろひ

満身創痍

玩具箱を引っくり返したッ!!

ピナフォークの残念なブログ

からくり童子 風のジード

展示中。自作ラノベ&詩!!

リツギのラノベ妄想でいず!

ナマクラ!Reviews

気ままな雑記帳

ピクルスの味

兎の読書週間

凛音天青

おさんぽ日和

星たちの集うskyの星畑

百鬼夜行に遅刻しました

Take it easy!!!!

smooch♪

scribo ergo sum

H0nNe96の雑記