FC2ブログ

30000HIT記念三題小説 『魔女と魔導書の約束』

    2013-10-26(Sat)

こんばんは。

ようやく書きあがった!
あらすじは見えていたけど、書くのにやたら時間がかかりました。
他のことも並行してやっていたというのは言い訳にもなりませんね。

うーん、遅筆な上にスロースターターだからなぁ……どうにかしないと。

何はともあれ、書きあがったので興味のある方、お時間のある方は是非。
お題をくれたお三方にはこの上ない感謝を。色々妄想出来て楽しかったですからね、はい。

では、記事はこのくらいにして、小説本文は以下のリンクから飛んでくださいね!

魔女と魔導書の約束
関連記事

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

電子書籍化された喋る魔導書と宇宙旅行に行く話しうをする話しって何ですかこの胸の奥を直にくすぐってくるような設定はww
 面白かったッス。自分こういう科学と魔法が肩を並べて融和してる感じの話し好きッス!
 (* -━-ω-━-)
 

やだ なにこれ?さんへ

こんばんは。

お題を頂いたとき、科学(SF)方面かな、とも思ったのですが、分厚い本をどう活かすかで考えてこの結論となりました。
胸の奥を直にくすぐるような設定ですか! 好みにピッタリだったということですか? それは嬉しいです。
科学と魔法の融合はボクも好きなジャンルなので、面白いと言っていただけて嬉しいです。

コメントありがとうございました。

No title

 こんばんは。
良かったーーー この前のグランベルの22 読みたいのにリンク先で迷子になり 読めなかったのですよね。
今回は リンク先すぐに 作品があったので助かりました。

素直に面白いです。
此の女性 可愛いーーー 気が強すぎる訳ではないのですが しっかりしていて でも なんか可愛い感じがする。
魔導書が 電子に置き換えられていて 人になろうかなぁと考えている 斬新ですね。
人になった書物の話とか 面白そうです。

ウゾさんへ

こんばんは。

> 良かったーーー この前のグランベルの22 読みたいのにリンク先で迷子になり 読めなかったのですよね。
> 今回は リンク先すぐに 作品があったので助かりました。
もしかして、アルファポリスの方のバナー押してしまったのかな? あちらはランキングバナーなので、行っても小説はなかったと思います。
少し紛らわしい置き方して申し訳ありませんでした。今記事編集しなおして、バナーの方は外しておきましたので。

面白いと言っていただけて幸いです。
カトレアはきつすぎる性格だと魔導書アスターと口論するだけで終わりそうですからね。まあ、それはそれで面白そうなんですけれど……でも、おっしゃっていただいたように、気が強すぎるわけでなく、しっかりした少女として描かせていただきました。今回は外見の描写を一切省いているので、性格をどう思っていただけるかで可愛さが決まりますからね。そういう中で可愛いと言っていただけて嬉しいです。

魔導書の電子書籍化は以前、ネタとして考えていて、でも使いどころがなかったので今回拾い上げて使う機会があってよかったです。人になろう、っていう辺りはちょっと余計かなと思っていたのですが、斬新と受け取っていただけましたか。ありがとうございます。

人になった本ではないですが、とある物が人になる話はネタとしてストックしてあります。
うん、でも書くのいつになるのかな? 当分先、もしくは読み切り形式の中編で出すかもです。

コメントありがとうございました。

うひゃひゃ

出したお題、ただのアイテムになるかと思っていたら、準主役じゃないですか! これは嬉しい。

しかも、これは続きますね(勝手に断言)
とても面白そうなので、続きを希望です。
人間にちゃんとなれるのか、なったとしたらどんな外見なのか、それにカトレアとの仲はどうなるのか、いろいろと氣になります。

楽しい作品をありがとうございました。

Re: うひゃひゃ[八少女 夕さんへ]

こんばんは。
返信遅くなりまして申し訳ありません。

当初は電子書籍をめぐる少年少女の会話にしようと思っていたのですが、それじゃ捻りがないなと思っていっそキャラクターとして取り入れてみました。喜んでいただけて幸いです。

えっと……続きはかなり難しいですね。書かないことを前提に今回は好き勝手書きましたから。
うーん、でも手が空いたら挑戦してみようかな? アスターは人間になったらどんな容姿でしょうね。作られてからの経過年数を考えると……(笑)
それに伴って、カトレアとの仲も違った形になっていくかもしれないですね。

こちらこそ、お題で色々楽しませて頂きましたので、感謝です。

コメントありがとうございました。

はあ~

面白いです。
ファンタジーとSFのハイブリッドのようなお話ですね。
電子書籍の魔導書だなんてとても面白いですし、設定にもなんだか説得力あります。0と1だとか、えらく虐められているし。
こういう組み合わせは思いつきませんでした。科学と魔法の組み合わせは結構行けるんじゃないでしょうか。
そして、あのまったく関係の無い3つのお題からこんな掌編が出てくるとは、「スィーツ食べ放題」をどうするのかと思っていたら、こう来ましたか。
でもこう纏めるとやっぱり続く事になると思います。
人ごとだと思って無責任なことを言いますが、キャラも個性的で楽しいですし、続きを期待してしまうのは自然の流れなんじゃないでしょうか?
次は宇宙へ飛び出してほしいですし、カトレアについても教えてほしいですし、アスターも人間へのステップを歩んでほしいです。
そしてスイーツ食べ放題です。

新鮮で衝撃で、そして楽しかったです。
ではまた。

Re: はあ~[山西 サキさんへ]

こんばんは。
返事遅くなりまして申し訳ありませんでした。

面白いと言っていただけて嬉しいです!
そうですね、近未来における魔導書の存在とそれにかかわる少女のお話です。
説得力ありますか? 0と1だのなんだの言っているのは、やはりボクがそちらの分野に多少なりとも関わっているせいかもしれませんね。そこが少しばかり説得力を持たせる結果になっているのかもしれません。
でも、どんな芸術における名作もデジタルにしてしまえば、所詮は0と1の組み合わせであらわされるデータでしかないのですよね。

構想の最初では魔法なんて要素は一切なく、少年少女による電子書籍にまつわるお話にしようと思っていました。でも、それではただの駄弁りなので、もう少しどうにかならないかなと思いつつ考えていたらの結果です。
確かに、あの全くベクトルの違う3つのお題はかなり頭を悩ませました。月面着陸は行き先として設定すればいいとして、分厚い本とスィーツ食べ放題はどこにどう組み込もうかと……本編で書いた通りの状態が一番すわりがいいのかな、と。なんとなく先がありそうでいい感じでしたし。
でも、続けるかどうかは微妙ですよ? そうなったら、あちこち練り直さないと痛い目にあいそうですからね。
そういう準備をできうる限りは進めていきますが、何時になるとお約束はできません。

楽しいひと時を提供できたことを心から嬉しく思います。
ではでは……

うひひ

なるほど。分厚い本、大活躍の物語ですね。
魔導書の造形、電子書籍、本の世界の面白さがうまく詰まっていて、楽しく拝読いたしました。
でも、月面に着陸できなかったのは残念。
ぜひ続きを書いていただいて、スィーツの食べ放題と月面着陸の両方を成し遂げていただきたいです!
でもでも、可愛い魔導書、とても気に入りました(*^_^*)
妙なお題のひとつを出させていただいて、ありがとうございました。

Re: うひひ[大海彩洋さんへ]

こんばんは。

うーん、ちょっと分厚い本を真ん中に置きすぎたかな……もう少し、頂いた他のお題も盛り込めればよかったのですけれどね。
分厚い本はやはり手元に常に置いておくには大きすぎるかつ重すぎますからね。漬物石とか呼ばれても致し方ないことかと。その辺、楽しんでいただけたようで何よりです。
続きを書くことがあれば(少し頭の中で続きを転がしてます)、月面着陸に再チャレンジさせたいと思ってます。スィーツ食べ放題は彼らの約束の先にあるものですから、たどり着くまで少しかかりそうですけれど。

かつての持ち主たちに悪態をつかれ、燃やされた挙句に電子書籍になってしまった彼ですが、意外と夢見がちな性格なのかもしれません。気にいっていただけて嬉しいです。

いえいえ、少しばかり風変わりな方がどう調理しようかと悩んで楽しいものです。
なので、面白いお題ありがとうございました。

ではでは……

RE

stellaをいい機会に読みに参りました
といっても、最初読んだのは更新時なんですが……コメントはまだなので、書かせてもらいます

なんというのか……お題というか素材が凄いです。電子書籍の魔導書なんて初耳でした
現代にありそうな魔法や科学的根拠もあるファンタジーというのが最近流行ってますが、本当にこんな発想の物語は見たことがなく、新鮮でした

うーん、二進数の魔導書って、そもそもどうやったら出来るんでしょう? 写真とあまり変わりないのではないかとか、印刷したら使えないのに、端末の中では使えるって何か理屈があるのかとか……ついついそんなことを考えますが、連載予定はどうも考えていらっしゃらないようなので、蓋をしておきます…

以上です。

篠原藍樹さんへ

こんにちは。

お読みくださってありがとうございます。

あれ、そういうネタってあまり扱われていないのかな? ボクとしてはどこかで聞いたような設定だと思っていたのですけれど。でも、今ググってみたのですけど、確かにあまり見つからないですね。
確かに、今は結構科学的根拠ないし、理論だてられた魔法を扱う物が多いですからね。でも、電子書籍になった魔導書が新鮮だと感じてくださったのなら嬉しい限りです。

実際どうなのでしょうね? 機械上ではあくまでも二進数だけど、魔法の側面から見たらまた違った形に見えるのかもしれないです。もしくは、魔法そのものが実は二進数の記号であらわすことができるか、ですね。この辺の話だと、『よくわかる現代魔法』とか、そういう既存の物語に近いのかもしれないですが。
何時かは書こうかな、と思っているのでネタを考えておく必要はあるのですけどね。うん、でも色々アプローチの仕方がありそうで、少し迷います。

コメントありがとうございました。
ではでは……
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール


Author:栗栖紗那

FC2プロフィール



BirthDay:5/8
BloodType:O

趣味で物書きやってる元学生。
プログラミングもするけど、そこまでスキルがあるわけでもない。

普段はぐだぐだとくだらないことを考え、よく妄想の世界で遊んでいる。
基本的に脳みそお花畑な人間。




最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
64位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アスパラグリーン

執筆と脱線の日記

旅の空でいつか

Debris circus

Fakelore Maker

いえのコップは使えない

移ろひ

満身創痍

玩具箱を引っくり返したッ!!

ピナフォークの残念なブログ

からくり童子 風のジード

展示中。自作ラノベ&詩!!

リツギのラノベ妄想でいず!

ナマクラ!Reviews

気ままな雑記帳

ピクルスの味

兎の読書週間

凛音天青

おさんぽ日和

星たちの集うskyの星畑

百鬼夜行に遅刻しました

Take it easy!!!!

smooch♪

scribo ergo sum

H0nNe96の雑記