FC2ブログ

意見とか考えとかいろいろ……

    2013-06-05(Wed)

こんばんは。

長くなりそうなのと、一部未成年の方に不適切な表現が混じりそうなので、追記の方に置いておきます。
でも、多分読んでも大丈夫(保証はしません)。
不快に感じる方もいるかもしれない、っていうための処置です。

では……




大々的に語るほどの話でもありませんが……

ボクの家で取っている新聞は『朝日新聞』です。
でまあ、毎日目を通すようにしているのですが、先日その中に少子化に対してどうしていくべきか、みたいな女性の意見が特集されていたのです。

これは反論ではなく、ただの一意見です。
その中の御一方が、『男性用アダルトグッズ』の売り上げで首位を占めているものがいわゆる未成年キャラのイラストをあしらった『ロリコン』モノだというのですね。で、そんなものを買う男性と女性は交際をためらっている、と。
まあ、一種正論ではありましょう。女性からしてみれば、ヲタクの、さらにロリコンと交際をためらうのは。

で、ここで疑問。
『男性用アダルトグッズ』を購入するのはどういった方ですか?
まあ、一概には言えないでしょうが、多くは恋人のいない未婚男性でしょうね。

ここから統計の不思議。
恋人いない、未婚男性からヲタクを抽出したらどのくらいの割合になる?
そりゃ、全員が全員ヲタクなわけはありませんし、行って半分。まあ、3割程度が妥当ですかね?
でもまあ、そういう方々が『男性用アダルトグッズ』を購入した場合は、多少数字は偏るでしょう。
これの用途を知っている方ならある程度想像つくでしょうが、グッズだけあればいいものでもないでしょうし……
未成年諸君は決してググったりしないように!

それに、こう言っちゃなんですが、マーケティングの問題もありましょうな。確かに、需要があるから供給があるのも確かですが。
ですが、未成年ではありますが、そもそもその大元となったアニメやらマンガの登場人物の大半が未成年です。

そもそもの偏りを無視して、首位を占めているのがソレだという意見にはやや疑問を覚えるという意見でした。



ここで少し統計というものについて。
専門家じゃないので、過ちはあるでしょうが……

例えば、駅の利用率について調査しようとしましょう。もちろん、統計資料用に、です。
では、その調査場所が駅前だったら?

……………………
…………
……

偏るでしょうね。ほとんどの人が駅を利用する、と答えるでしょう。
このよーに、統計はその値を取るための『母集団』によって、大きくその数値を変えることがあるのです。
なので、必ずしも信頼のおけるデータではないです。が、まあ、根拠として出すと信用されやすいというものでもあるという謎。
なので、広告とかで統計データらしきものを載せていたとしても、少し疑問視してみると面白いかも。
この数字を取った集団って、どんなもの? みたいにね!

という風に社会を斜に構えて見てみると、ひねくれた人間が出来上がるかもしれない小話でした。



どちらかというと、これからが本題。
ボク自身、この改正案には賛成すべきか反対すべきか、立場をはっきりさせることができません。
反対寄りですが。

第183国会衆法情報|衆議院法制局の『児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案』を参照のこと。

これによれば、罰則はないものの、単純所持でさえ摘発になりうると言われています。
つまり、自身の子供の写真であろうが、逮捕されかねない、と……
まあ、これはやや過激な反対派の意見ではありますが。

しかし心配なのは、こういう懸念がされる法改正案だというのに、新聞などはほとんど取り上げないということです。
つまり、物事は水面下で進めれられているということ。
政治や報道はそのようなことでいいのでしょうか? それは無論、報道はこれ以外にも多数のニュースを取り扱っているでしょうから、こればかりに紙面を割いていられないのかもしれませんが。

あともう一つ。
まだ検討の段階ですが、

(検討)
第二条 政府は、漫画、アニメーション、コンピュータを利用して作成された映像、外見上児童の姿態であると認められる児童以外の者の姿態を描写した写真等であって児童ポルノに類するもの(次項において「児童ポルノに類する漫画等」という。)と児童の権利を侵害する行為との関連性に関する調査研究を推進する


これは出版関係が大いに反発し、署名などの訴えを行っています。
これは日本国憲法第21条に記された『表現の自由』に反すると。

ただまあ、『表現の自由』ですが、なんでも闇雲に表現できてしまうのは如何なものか、というのは頷けます。
出版側の言い分は、『被害児童がいない』というものです。
そこを埋めるための検討・調査なのでしょうが……
ですが、これは先ほどの統計の話とも重なりますが、恣意的に関連性を付けることは可能でしょう。

但し、あまりにも主観が過ぎるでしょう。
設定年齢では成年でも、見た目が子供のようなキャラクターを描くことを禁止するようなものでもありますし。
難しいところです。


そういえば、どこかで面白いと言っては失礼ですが、こういった意見がありました。
中学生の女児がおじさんにそういった行為をされるのと、有閑マダムが中学生の少年に対してそういった行為をするのは場合が違う


……見た途端、目が点でした。
何を言っているんだ、この人は、と。

一緒です!
そこにはなにも変わるところがありません。その人からすれば、男は何も失わないと言いたいのでしょうが、未成熟な人格と肉体に対して、強制的に性的な行為を行う観点ではどちらも変わりません。
児ポ法は別に少女を守るためだけにあるわけじゃないんです。すべての未成年に対して、その精神と肉体を守るための法案であるのですから。

なんか、まとまりがなくなってきましたね。
この辺でお開きにしましょう。
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

女性のエロ本はどうするんだ

児童ポルノ……拡大解釈されたら、小説も書けなくなってしまいますね。

それにしても、男のエロ本がダメで、女のエロ本は無罪放免なのか。甚だ疑問です。

Re: 女性のエロ本はどうするんだ[田所 稲造さんへ]

こんばんは。

そうですね。
『表現』というものがどこまで適用されるのかによっては、そうなりかねません。
運用者の胸先三寸で何もかもが決まりかねない危険性はあります。

対象は女性のものにも適用されるでしょうが、摘発されるのは圧倒的に男性向けでしょうね。
そして、児ポにばかり目を向けてますが、18禁のレッテルを張られていない官能小説や有名作家による18禁表現をだれも咎めないのも何とも言えない……
色々と歪んでいるように思えます。

コメントありがとうございました。

No title

どうでしょう。性的嗜好は嗜好だし、三次元の一般女性よりも未成年っぽく見える二次元キャラのみを好む人を、矯正して子づくりに励ませよっていっても無駄だと思うんですけれどねぇ。

昔はそういうものがなかったから、人びとが子づくりに励んでいたわけでもないかと(単にあまり他の選択肢もなく、さらに避妊も容易でなかったというだけで)

ただ、そういう嗜好の人が、よりにもよって小学校の教諭なんかになって、罪のない児童に実害を与えるような事は防がないといけないと思いますけれどね。(もちろん男性女性は関係ありませんとも!)

あと、アダルトグッズの話ですが。平均的に歳下を求める割合も女性の方が少ないので児童ポルノ規制で困る女性ってそんなに多くないと思うのに加えて。多くの男性は映像など具体的なものを眼で見て興奮するけれど、多くの女性は小説などを読んで想像する方が興奮するっていうのも関係あると思うんですけれど。女性用AVやらグッズって、男性用ほどには需要がないのでは。むしろ「ハー○クイン・ロマンス」やら官能小説があれば十分。つまり上の検討されているものが全面禁止されても痛くも痒くもない女性が多いと思うなあ……。

八少女 夕さんへ

こんばんは。

そもそも、矯正させようって時点で今度は男のことはどうでもいいのか、という話にもなりかねませんしね。嗜好は嗜好であり、ある種どうしようもないものかと。
昔は未婚そのものをあまり許さない傾向にあったようにも思います。女性は家庭に入るべし。そのためには見合いなりなんなりするべきだ、と。その結果としてのある程度の出生率が保てていたのではないかな……? 避妊の問題も多々ありますよね。

誰にも迷惑かけてないならよいではないか、という考えもどうかとは思いますが、上記の嗜好もただのグッズで消化できているならそれはそれでいいと思うのです。
ただ、それが実際の生身の人間に向けられるようなことは決してあってはいけない。それはものすごく大切なことです。なので、児ポ法の根本思想には賛同しています。

なるほど、年下を求める女性は少なそうですね。年下にしても、少年ではなく青年以上でしょうし、あまり困らないのでしょうね。
それに、確かに男性は映像的な刺激をもとに興奮する場合が多いでしょうね。
ボクは男なので、女性のそういうモノについてはあまりわからなかったのですが、貴重な意見です。
となると、やはりこの改正案などは男性を狙い撃ちにしているようなものなのですね……致し方ないのかもしれませんが、複雑です。

貴重なご意見ありがとうございました。

No title

 こんばんは。
主観が介在してしまう怖さですねーーー
何か エロの規制は 単なる言い訳で その先にある 主観でなんでも 規制できる状況を作りたいだけの様に感じてしまいます。
法治国家が 人治国家に落ちてしまう怖さを感じます。

ウゾさんへ

こんばんは。

おっしゃる通り、規制側の主観が混じってしまう怖さがあります。
そして、これまたその通りで、児童のことは主眼ではなく、自分の嫌いな表現を規制したいというためだけに改正されていくのではないかと勘繰ってしまいます。

児ポ法そのものは必要なものですが、人治国家になってしまう危険性を孕んでいるのが怖いです。

ご意見、ありがとうございました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール


Author:栗栖紗那

FC2プロフィール



BirthDay:5/8
BloodType:O

趣味で物書きやってる元学生。
プログラミングもするけど、そこまでスキルがあるわけでもない。

普段はぐだぐだとくだらないことを考え、よく妄想の世界で遊んでいる。
基本的に脳みそお花畑な人間。




最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
64位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アスパラグリーン

執筆と脱線の日記

旅の空でいつか

Debris circus

Fakelore Maker

いえのコップは使えない

移ろひ

満身創痍

玩具箱を引っくり返したッ!!

ピナフォークの残念なブログ

からくり童子 風のジード

展示中。自作ラノベ&詩!!

リツギのラノベ妄想でいず!

ナマクラ!Reviews

気ままな雑記帳

ピクルスの味

兎の読書週間

凛音天青

おさんぽ日和

星たちの集うskyの星畑

百鬼夜行に遅刻しました

Take it easy!!!!

smooch♪

scribo ergo sum

H0nNe96の雑記