FC2ブログ

1997、そして2013……

    2013-04-21(Sun)

こんばんは。

皆さん、すでに新聞、ニュースなどで目にしたやも知れませぬが、ついにコンピュータが将棋で名人を下しました。
快挙、というべきでしょうね。
中にはこんなことを言う人もいるでしょう。

「コンピュータが人間の知性を上回った」

などと。
こんな言葉は実は1997年にも言われました。
その年に何が起こったのか、知っている方はいらっしゃるでしょうか?


……………………

…………

……


正解は、当時のチェス世界王者のガルリ・カスパロフにIBMのコンピュータがチェスで勝利した年です。
そのコンピュータの名前は『ディープ・ブルー』。
試合結果は2勝1敗3引き分け。
まあ、素人目からすれば、これで勝利なのか? とも思えますが、ともかくこれは歴史的な出来事だったようです。
当然といえば当然でしょう。
なにせ、チェスは知性のゲームと言われていたのですから。そのゲームに勝ったとあれば、コンピュータの知性が人間を上回ったと思われても仕方ないでしょう。

そして、その勝利から16年。今度は将棋においても勝ちを収めてみせたのです。
ところで、この記事を読んで疑問に思う方もいるでしょう。読まなくても疑問を持ってる方もいるかもしれませんが。

なぜ、チェスにおいて16年も前に勝利したにもかかわらず、将棋では今になってようやく勝てたのか?

やらない人は意識しないでしょうが、実は盤面の大きさ、駒の数が影響しているのです。チェスは8×8の64マスで自陣に16、敵陣にも16。計32の駒を用います。対して将棋は9×9の81マスで20×2の計40個。

単純に一手先を読むだけで、自分の駒と相手の駒を考えるとチェスでは32通り。将棋では40通りです。
この時点で8つの差。

では、2手先を読んでみましょう。単純計算で32×32で1024通り。40×40で1600通り。576もの差がこの時点で生じてきます。
いかがでしょうか? この読みが10手先まで続くとしたら? チェスで1.1259×10の15乗。将棋なら1.04858×10の16乗。
わかりますか?
既に1桁の差が生まれています。単純計算ですから、一概には言えないでしょうが、まあ、ざっとこんな感じです。
そして、一度は将棋を指したことがあるなら知っていると思いますが、将棋は取った相手の駒を自分のものとして使えるという独特のルールがありますよね?
こうなると、もはや可能性を考えるのも嫌になってくるほど膨大な計算を強いられることになります。


そういえば、この話をする前にコンピュータが如何にしてチェスや将棋を指しているのか説明してませんでしたね。
ここまで読んでいるならば薄々察していると思いますが、何手先かまでの可能性すべてをつぶさに探索し、一番点数が高かった手を選択しています。
つまり、戦略や心理もなにもなく、ただ機械的に何が犠牲になろうとも構わずに一番「良い手」を選択します。
つまり、名人が以下に罠を張ろうが何しようが、その戦略には目もくれないわけです。

他の実現方法もあるにはあります。事例探索などがそうですね。
これ場合、過去の将棋の盤面すべてを覚えさせておいて、類似した盤面から手を決めるというものです。
まあ、この方がよほど人間らしいといえばそうです。個人的な意見ではありますけれども。


さてさて、長くなってまいりましたね。
飽きたなら、その場で回れ右して帰っていただいて構いません。
え? そんなの最初に書けって? 知りませんよ、そんなこと。ボクはきまぐれなんですから……

では、話を戻しましょう。
まあ、そんなこんなでチェスより将棋の方が大変だよ! というお話をこれまでしてきました。
そして本題? 結局コンピュータは人間より知性が優れているのか!?
ごくごく個人的な意見を言わせてもらえば、

「んなわけなかろうが」

はい、反論異論罵倒も受け入れましょう。
ですが、考えても見てください。
今回最終戦で用いられたコンピュータがどんなものか知ってます?
コンピュータ680台をつないだものです。ええ、すごいですね。並列計算の結果、1秒間に2億5000万通り以上の局面を計算していたそうです。ああ、凄い。
で?
思うわけですよ。
コンピュータ680台つなげて、1秒間に2億5000万通り以上の局面を計算して、ようやく人間に勝つ。
評価関数の採用などで、戦略的なものは多少ありますが……それでもやはり知性には程遠いと思いませんか?
まあ、計算が早いのは認めます。それを認めんことはないのですよ。ですが、これを知性と見なすには無理がある。

そして、ちょっと興味本位で計算してみる。
680台のコンピュータが一時間でどれだけのエネルギーを消費するのか。
概算ですので、正確さは問いませんが、一台あたり100Whだとすると、68000Wh。カロリーにすると、およそ58480kcalだそうです。
言葉が出ませんね。何日分のカロリー量だよ。

そりゃ、人間と比べるなよ、という意見もあるでしょうが、単位エネルギーあたりの効率というかなんというかが全然違うのです。

体積にしたってそうでしょう。これは流石に計算しませんがね。



結論。
「ふ、まだまだだなっ!」


追記はひさびさに描いた絵(アナログ)を置いておく。
らくがき?

なんかいろいろおかしい気がする。
てか、体のライン描いてからやって、体のライン消してないし……
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

チビmomoさんへ[拍手コメへの返信]

こんばんは。

まさか、試されるとは思ってもみませんでした(笑)
シャーペンでカリカリ描いてるぐらいの方が性に合ってるかもしれません。

コメントありがとうございました。

No title

 こんにちは。
まぁ コンピューターも 作っているのは 人間だし…
技術屋対棋士 とも 言えるかな。

女の子 可愛い 頭の上のはねた毛が なんか良いです。 

ウゾさんへ

こんにちは。

確かにそうなんですけどね……
所詮、コンピュータは定義された以上の仕事はできない代物ですし、技術屋の作るアルゴリズムがどれだけ速く正確か、になるんでしょうね。

ちょっとキャラデザで描いてたら、アクセントが欲しくなってはねさせてみました。
可愛いと言っていただけて嬉しいです。

コメントありがとうございました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール


Author:栗栖紗那

FC2プロフィール



BirthDay:5/8
BloodType:O

趣味で物書きやってる元学生。
プログラミングもするけど、そこまでスキルがあるわけでもない。

普段はぐだぐだとくだらないことを考え、よく妄想の世界で遊んでいる。
基本的に脳みそお花畑な人間。




最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
64位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アスパラグリーン

執筆と脱線の日記

旅の空でいつか

Debris circus

Fakelore Maker

いえのコップは使えない

移ろひ

満身創痍

玩具箱を引っくり返したッ!!

ピナフォークの残念なブログ

からくり童子 風のジード

展示中。自作ラノベ&詩!!

リツギのラノベ妄想でいず!

ナマクラ!Reviews

気ままな雑記帳

ピクルスの味

兎の読書週間

凛音天青

おさんぽ日和

星たちの集うskyの星畑

百鬼夜行に遅刻しました

Take it easy!!!!

smooch♪

scribo ergo sum

H0nNe96の雑記