FC2ブログ

いいなぁ……

    2012-07-18(Wed)


 WALTZ 19




こんばんは。

処女作の公開もあと一回で終わりそうです。
長いようでいて、20回で終わってしまうほどの分量だったのか、とも思いました。
ふむ……そろそろ連載してるやつの原稿書かないとネタが尽きるぞ?
すでに執筆の気力は十分に回復してるはずだから、あとはテンション上げて書ききるだけのはず!
まずは『曖昧me妹』を終わらせます。
で、次の連載用の原稿を書き始めようと思います。
結局、コメディ系にします。しかもファンタジー系の。
恋愛モノはちょっと公募用に残しておきたいかなぁ、なんて……
まあ、恋愛系のネタのストックは2つ以上あるのでそう簡単に尽きたりはしないけど、まだ完全に固まり切ってないので、連載用はやはり軌道修正が可能なコメディでいきます。
どうしても恋愛モノを読みたい、という奇特な方はいないと信じてます。い、いないよね?

まあ、いいや。
なんでこの記事のタイトルがあんなのになっているかというと……
研究室の後輩の研究が実に楽しそうだからです。
大変そうなのははた目から見ていてもわかるのですが、内容は実にボク好み。
もっとはやくその研究の話が出ていれば飛びついていたのに……
今の研究がやりがいがないというわけではありませんが、やはりやるなら食指の動かされるものがよかった、という話。
後輩の研究、詳しくは言えませんが、小説に関するものです。
そして、研究内容もさることながら……協力者が実に豪華なのです。
多分、ファンはうらやましがるような人物です。結構な大物ですよ!

あいにく、ボクはその後輩の面倒を見る役目ではないので、話し合いにも参加は出来ぬのだろうと思いますが……
少し後輩に口出しすることは許してもらおう……物書きの端くれとして程度の助言は出来るはず……

じゃあ、今日の記事はこのぐらい。
あんまりコメ書かない立場から言えた義理じゃないですが、コメはやっぱりほしいです……はい。
関連記事

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

こんばんみ

俺が思うに、オンライン上の小説は一般書籍の小説の100倍厳しい評価をされる。つまり、アマチュアだろ?と見下げられるところからスタートする。たとえ一般書籍のレベルの低い作品と同じクオリティでも、オンライン小説という事実だけでゴミのようなものだと思われる。この絶望的なスタートを乗り越えるためには、プロ以上の仕事をしなければいけない。

俺は今回、

>あんまりコメ書かない立場から言えた義理じゃないですが、コメはやっぱりほしいです……はい。

なる吐露で初めて、読む気が起こった。これは実質、プロ以上の仕事である「宣伝」と見做したから読んだ。

という訳で少し読んだ雑感として、処女作の割にこなれているのが良いが、如何せん、訴求力が無い。オンラインで人に「強制的に」読ませるには、冒頭は自答自否定をオススメする。

ex.)

私は今、無限ループのなかに入っています。いえ、ごめんなさい。それは嘘です。ちょっとした希望的観測です。私は今、パンを咥えて全力で走っています。手にはもちろん鞄、この身にまとっているのは市内では可愛いとオジサマ方に評判の制服、もちろん、私はティーンです。その辺の道端に咲く花も恥じらう女子高生です。あ、―――今、ちょっと疑いましたね?安心してください、大人っぽいとか、大学生っぽいとか言われてますけど、私はれっきとした女子高生です。ただ、ちょっと事情持ちですけど。ええ、そうですよ?私、この時代の女子高生じゃありません。50年前の女子高生。ああ、でも、3年後の女子高生だったときもあったな。ああ、だから無限ループのなかに入ってるって言ったでしょ!え、それは嘘だって言ったって?だから、そこで希望的観測だって……もがもが!

……他人のコメント欄で続けるような話じゃないが、こんな感じで(即興にしては十分でっしゃろ)、一人称で話しかける感じにするなりの工夫が、オンラインでは必要だと思う。ちなみに上のでもダメだろう。あと三工夫は必要なところだ。何が言いたいかと云えば、オンライン小説でコメントを貰うのは出来不出来に関わらず、凄い難しいから、積極的に「宣伝」すべきだと思うよ、と。

「(台詞)」

私はこの場面で自分の人生を賭けた名言をキャラクターに吐かせました!的なね。

Re: こんばんみ[Medeskiさんへ]

こんにちは。

少々の誤解があるようですが、この意見はごもっともです。
で、誤解とはコメントがほしいといったのは事実ですが、それはブログ記事に対してのものであり、書いた作品に『感想』がほしいという意味合いではなかったのですよ。
その辺誤解させてしまったようで申し訳ないです。
でも、述べたとおり、このコメントは大変参考になるものです。
言われるまでもなく、面白さのなんら保証されない物語を手に取ろうなんて人はある意味奇特な人です。
いえ、読者をばかにしてるわけではないです。読んでくださってること自体には非常に感謝しております。

で、小説の内容というか読んだ感じをお聞かせ願えたわけですが……
ええ、訴求力がないのは百も承知。冒頭の弱さと物語が動き出すまでの時間の長さ。そして、なによりキャラの多さが読者に倦厭されるというのは自己分析でわかっていることです。
が、いささか否定的な意見を書かせてもらうと、『自答自否定』ばかりがよい冒頭ではないかと……
もっとも、これはあくまでも一例としてMedeskiさんが出してくださった案の一つということは承知しています。
Medeskiさんが仰った例をさらに汎化させると、謎を転がせておけ、ということだと思います。
ミステリーであれば死体が転がってれば、何故そうなったのかを知りたくなるのと同じで、なんにせよ訴求力とは好奇心と紙一重であると考えればよくわかる意見です。
ただし、その謎を提示方法ははやり作品の性格によるところが大きいのかな、と。

あれ?
なんか否定的な感じで書いてしまった気がする……
でも、意見そのものは大変うれしかったのは事実ですし、頷けるものでした。
コメントをもらおうと思ったら、まずは絶対的な読者数を増やさないことにはどうにもなりませんからね。
宣伝はやはり必要なことなのでしょう。

なんかコメの返事まで長くなってしまいましたが、あんまりこういう意見を交わす機会も少なかったので、大変有意義な時間を過ごすことができました。
感謝です。

こりゃ失礼!

そっちとは思わなんだ(笑) オンライン小説って昔、よく読まされてたんだけど、どうもサービスが足りないのが多くてね。でも冷静に読むと、俺のブログで云えば60点前後の作品と何ら変わらないのも多いのに、どうも読む気がしない。これは無意識下で差別してるんだって気づいてね。オンラインで名を挙げるのはプロになるよりも難しいと思ったのよ。

自答自否定は手っ取り早くて良いと思うけどな。あくまでオンライン小説の手段には違いないが。まあ、自分のコメント作品書いたの読み直したけど、「私は今、無限ループのなかに入っています。」だけだな、目を惹くの(笑)

創作論語るときは、明らかに上の実力見せないと、中身があろうが無かろうが、話にならんしな。スマン、調子に乗ったわ。

Re: こりゃ失礼![Medeskiさんへ]

再度こんにちは。

確かに、小説載せてる記事でコメ欲しいと言ったら誤解してしまいますよね。
こちらも少々配慮不足でした><

オンライン小説の中にも良作は存在しますが、どうしても手を伸ばすのは少々ためらうものもありますよね。
買ったものならお金払った分はちゃんと読もうと思えますが、オンラインだと手軽すぎて、逆に別にいいかな、と思ってしまったり……

オンライン小説で大切なのは宣伝と冒頭の牽引力ですよね。
まあ、牽引力はオンラインに限った話でもありませんけど。

机上の空論で実践が伴っていないとどうしようもないですからね。
そういう意味ではボクもまだまだ未熟です。

こういう話をできる相手があまりいないので、非常に助かります。
全然調子乗ってるとか思ってないんでご安心を。むしろ楽しいぐらいですから!

ではでは。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール


Author:栗栖紗那

FC2プロフィール



BirthDay:5/8
BloodType:O

趣味で物書きやってる元学生。
プログラミングもするけど、そこまでスキルがあるわけでもない。

普段はぐだぐだとくだらないことを考え、よく妄想の世界で遊んでいる。
基本的に脳みそお花畑な人間。




最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2042位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
95位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アスパラグリーン

執筆と脱線の日記

旅の空でいつか

Debris circus

Fakelore Maker

いえのコップは使えない

移ろひ

満身創痍

玩具箱を引っくり返したッ!!

ピナフォークの残念なブログ

からくり童子 風のジード

展示中。自作ラノベ&詩!!

リツギのラノベ妄想でいず!

ナマクラ!Reviews

気ままな雑記帳

ピクルスの味

兎の読書週間

凛音天青

おさんぽ日和

星たちの集うskyの星畑

百鬼夜行に遅刻しました

Take it easy!!!!

smooch♪

scribo ergo sum

H0nNe96の雑記