FC2ブログ

君に想いを、剣に誓いを。(第一部)006 『急襲』

    2012-04-04(Wed)

こんにちは。

長編連載小説『君に想いを~』の続きです。
前回の投稿から随分と期間が空いてしまった気がします。






 背中からブロック塀に叩きつけられ、肺から空気が漏れる。

「かはっ――」

 全身が痛み、揺れた脳はまともな認識を不可能にしている。

「祐樹ッ!」

 鈍い聴覚の中で、霧香の悲痛な叫びが聞こえる。

「に……げ、ろ」

 掠れる声でそう言うものの、彼女の元まで言葉は届かない。

「弱くなったものだな、我が宿敵よ」

 黒衣の男がつまらなさそうにそう言う。だったら、こんなことは止めて欲しいものだ。

 事の起こりは休み明けの放課後。

 何時ものように生徒会の書類整理を行い、夏の日が傾き始めた頃に帰宅を開始した。

 赤い夕陽に照らされる街並みを血に濡れたようだ、という感想を抱いたのだが、その時点ですでに敵の術中に嵌っていたようだった。

 気付けば、何時もは人の通りがある住宅街の道にも関わらず、人っ子一人いない。その違和感を得た頃には奴はそこにいて、

「ぐあっ」

 前置きもなく一撃を加えられたのだった。

 それから何度も武器を使っての攻撃がなされ、幾度かは避けたものの、全てそういう訳にもいかず、掠った攻撃の一回でかなりのダメージを受けることになった。

 引きづり回され、地面や壁に叩きつけられ、脳震盪を起こしている。

 ぐらぐらと揺れる視界のなかで、黒衣のそいつは無表情に祐樹を痛め付け続ける。

 祐樹はそいつの顔を知っていると思った。

「おま、え、は……」

「なんだ?」

 攻撃の手が止み、声が返る。深みのある落ち着いた、だが、その耳に得る情報とは裏腹に精神を揺さぶるような声。

「アーデル、か?」

「そうだとも、オルカ・ナイトウィング」

「俺は、オルカじゃ……ない」

「そうかもな」

 彼、アーデルが手にしている武器は槍だ。だが、ただの槍ではなく、表面を機構の部品が飾っている。その石突で祐樹の足を押さえつけ、

「オルカはこんなにも弱くなかった」

「判、断理由が、そこ、かよ」

 言葉を出すのも辛い。

「オルカを殺せとの命令だったが――」

 塀に背を預けて座る祐樹の肩を蹴りつける。

「お前ではまだオルカの位置にない。だから、殺しても無意味だ」

「だったら……どう、して出てき、た」

「確かめる必要があった。そして、その目的も果たした」

 撤退するのか。彼は一方後ろに下がり、しかし唐突に身構えた。

「何者?」

 誰何の声に重なるように突風が吹き付ける。

「やあ、過去の亡霊君」

 この場にそぐわない軽い口調。その人物は足音も軽くその場に立った。九龍寺風見。先日であったばかりの少女は銀の髪をなびかせてそこにあった。

「ほう? 誰かと思えば、銀の者だったか」

「その呼び名は好きじゃないな」

 軽口を叩きながら、その手には刀を構える。

 応じて、アーデルも槍を構えるかと思いきや、肩を竦めて、

「今お前らと遣り合うつもりはない」

 後ろに下がる。彼の背後に紋章が現れて、体はその中に沈んでいく。

「まあ、いずれまみえるは必然。それまで待ってもらおう」

 そんな言葉を残し、体が完全に見えなくなる。

 しばらく風見は構えを解かなかったが、やがて危険が去ったのを確認してから刀を下ろす。

「大丈夫かい?」

 座り込んだままの祐樹へと空いた左手を差し伸べてくる。祐樹はそれに素直に縋り、身を起こす。

「祐樹……」

 心配そうに駆け寄ってくる霧香。彼女に怪我はなさそうで、そのことに安堵した。

「体は痛いが、折れてたりはしてないみたいだな」

「そう。でも、随分と粘着質な痛め付け方だね」

 確かに風見の言う通り、致命傷や急所を避けて弄るように攻撃を加えてきていた。

「で――」

 祐樹は痛む体に活を入れ、背筋を伸ばす。視線は風見に。

 彼女は困ったように左手で頭を掻き、苦笑を見せる。

「どっから説明したものかなぁ……でも、その前にここを離れない?」

「そう、だな」

 彼女に敵意はない。そう、直感的に思った。その直感を信じ、提案に従う。

「少し遠いけど、僕の家がある。そこで説明させて貰ってもいいかな? そこなら安全だろうし」

「あの……」

 風見の言葉に霧香が遠慮がちに口を挟む。風見は問うような視線を霧香に向け、首を傾げる。

「それ、わたしも行っていい?」

「無論」

 風見は即答。それへ付け足すように、

「君にも現状を知っておいてもらいたい」

「そう。うん、じゃあ、風見さんの家に行こうよ」

 彼女の急かすような声に風見は頷き、手の中にあった刀を『消した』。正確には、銀色の粒子となって解けた。祐樹と霧香はもちろん驚き、その様子を見た風見は、

「こういうことも含めて、ね」

 少し悪戯っぽく笑う。

 そして、風見は祐樹と霧香を伴って歩き始めた。
関連記事

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール


Author:栗栖紗那

FC2プロフィール



BirthDay:5/8
BloodType:O

趣味で物書きやってる元学生。
プログラミングもするけど、そこまでスキルがあるわけでもない。

普段はぐだぐだとくだらないことを考え、よく妄想の世界で遊んでいる。
基本的に脳みそお花畑な人間。




最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
64位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アスパラグリーン

執筆と脱線の日記

旅の空でいつか

Debris circus

Fakelore Maker

いえのコップは使えない

移ろひ

満身創痍

玩具箱を引っくり返したッ!!

ピナフォークの残念なブログ

からくり童子 風のジード

展示中。自作ラノベ&詩!!

リツギのラノベ妄想でいず!

ナマクラ!Reviews

気ままな雑記帳

ピクルスの味

兎の読書週間

凛音天青

おさんぽ日和

星たちの集うskyの星畑

百鬼夜行に遅刻しました

Take it easy!!!!

smooch♪

scribo ergo sum

H0nNe96の雑記