FC2ブログ

『鬼』

    2012-01-14(Sat)

昔に鬼と呼ばれたものは、『人間に害を成す現象、或いは成した存在を例えたもの』です。
すなわち、妖怪の類と考えてもらって結構です。
また、広義では生霊なども含まれるでしょう。
つまり、人以外で、人に害なすものを『鬼』という名にあてはめ、討つための手掛かりにしたこともあるでしょう。
名付けるという行為は、その存在を確定させる役割を持つと同時に、それを世界に縛り付ける、つまり、人間の対処できる存在に落とし込むということも意味するようです。
逆に、神は人ではないが、人に幸福をもたらすものを指すようです。これも名を付けて、その役割を明確化したと考えられます。

では、少し違った話をしてみます。
一説では、鬼は『隠人』のなまり、変化であるとする説です。
つまるところ、これは人間でありながら、人間に見られなかった人々を指す言葉です。
一つの例として『蜘蛛』があります。
これは、虫偏をとると、『知』と『朱』という字が出てきます。
朱は水銀などの鉱物を表し、すなわち、それらのありかを知る人物を指していたとされます。そして、『蜘蛛』はその在り処を知るだけでなく、その採掘にかかわる危険な仕事に就いていたということもあり、そんな危険な仕事には人間を使えないので、人間とみなされない『隠人』を使ったということです。
また、『忍』の類も似たようなもので、一説では陰陽師の使役した『式神』はこのような『忍』であったとも言われています。
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール


Author:栗栖紗那

FC2プロフィール



BirthDay:5/8
BloodType:O

趣味で物書きやってる元学生。
プログラミングもするけど、そこまでスキルがあるわけでもない。

普段はぐだぐだとくだらないことを考え、よく妄想の世界で遊んでいる。
基本的に脳みそお花畑な人間。




最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2042位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
95位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アスパラグリーン

執筆と脱線の日記

旅の空でいつか

Debris circus

Fakelore Maker

いえのコップは使えない

移ろひ

満身創痍

玩具箱を引っくり返したッ!!

ピナフォークの残念なブログ

からくり童子 風のジード

展示中。自作ラノベ&詩!!

リツギのラノベ妄想でいず!

ナマクラ!Reviews

気ままな雑記帳

ピクルスの味

兎の読書週間

凛音天青

おさんぽ日和

星たちの集うskyの星畑

百鬼夜行に遅刻しました

Take it easy!!!!

smooch♪

scribo ergo sum

H0nNe96の雑記