生存(ry

    2015-09-22(Tue)

とりあえずいきてますよー……

IMG_5216.jpg

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学


超月

    2015-09-28(Mon)

こんばんは。
こないだ生存報告したから、それほど久しぶりでもないですね。

さて、昨日は中秋の名月で、今日はスーパームーンでしたっけ?
使いこなせないカメラを片手に撮ってみましたが、なんとも言い難い……

20150928_スーパームーン

そういえば、ブロともなど、遊びに来てくださっている皆さん興味深い話題で記事を書いておられましたね。

【もの書きブログテーマ】視点・人称

ですか。
ボクは一番最初に手書きで小説を書き、その後はWEBやその手の書籍を読んで一通りの作法を勉強した口です。
なので、その中には人称の話は当然のようにありましたね。

基本的には3人称で書きますが、『まおー』なんかは1人称にしています。特に理由はないですが、派手なアクションシーンは入れない予定でしたし、それぞれがどういう考えかを書くにはうってつけですね。

しかし、2人称……
いえ、存在は知っていますし、それで書かれた小説があるのも聞き及んではいますが……
前提として、『あなた』と呼ぶ『わたし』がどこかにいるわけです。
多分、『あなた』の眼中に入っていないから、幽霊か虫のような何かが――
そう思うと、変形的な1人称として捉えることもできそうです。ただし、そこには主観をなるべく差し挟まない客観でもある点が1人称との大きな差でしょうか。
例え、『あなた』が悲しんでいようが、怒っていようが、喜んでいようが、慰めることもなく、恐れることもなく、共感することもない。
その客観性が1人称や3人称にない奇妙な語り口になる所以でしょうか?
(3人称ですら、補足というべきナレーション――きっと神様の声――が入りますからね。)

基本的な禁則事項、例えば、1人称の中に誰か他人の心の声を入れない、などもありますが、結局、これは混乱を防ぐための措置ですしね。
逆に、混乱さえしないのであれば、どんな地の文であろうと気にする必要ないのかもしれません。(小説の賞の下読みの基準は知りませんが……)

あ……久しぶりの長文(笑)書いてたら、いつも通り取り留めがなくなってきました。
ということで、今晩はこの辺で筆を置かせて頂きます。

また、近いうちにお目にかかりましょう。

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール


Author:栗栖紗那

FC2プロフィール



BirthDay:5/8
BloodType:O

趣味で物書きやってる元学生。
プログラミングもするけど、そこまでスキルがあるわけでもない。

普段はぐだぐだとくだらないことを考え、よく妄想の世界で遊んでいる。
基本的に脳みそお花畑な人間。




最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1156位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
57位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アスパラグリーン

執筆と脱線の日記

旅の空でいつか

Debris circus

Fakelore Maker

いえのコップは使えない

移ろひ

満身創痍

玩具箱を引っくり返したッ!!

ピナフォークの残念なブログ

からくり童子 風のジード

展示中。自作ラノベ&詩!!

リツギのラノベ妄想でいず!

ナマクラ!Reviews

気ままな雑記帳

ピクルスの味

兎の読書週間

凛音天青

おさんぽ日和

星たちの集うskyの星畑

百鬼夜行に遅刻しました

Take it easy!!!!

smooch♪

scribo ergo sum

H0nNe96の雑記