スポンサーサイト

    --------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決してそんなことはない……と思う

    2013-06-02(Sun)

昨日ブロともの八少女 夕さんのところで、『シリーズ用アイテムの話』というのをしていらしたのですよ。
で、コメントを書いてその返事に、

紗那さんの小説は、キャラがどんなふうに動き、どこへ行ってどうなるか、ご自分の中ではっきりされているのでは?
つまり、こんな姑息な方法を用いなくても、話はどんどん展開するような。 
 

なんて言葉を頂きまして。(夕さん。勝手に引用してしまっているので、ダメでしたら言ってください!)


思うのですよ。いや、そんなことはない、と。
基本的に、ボクの小説はプロットなど存在しません。頭の中に『ソレ』らしいものがある場合もありますが、だからと言ってそれに沿って書こうと意識しているわけでもないです。
なので、大概がその場の思いつきで、そうすると登場人物の会話内容も大いに脱線することが頓にあります。
大概の場合、そういう部分は削り取って公開してますので、見た目普通に見えてると(見えないかもしれませんが)思いますが、実情はそんなものです。


アイテムやネタを入れ込むときもそんな感じ。
例えば、『Love Flavor』の3話にヘルシーバーグなんか入れましたが、あれもその場の思いつきで、料理なら何でもよかったのですよ。あ、未読の方はわからないですね、すみません……

『アリアドネの憂鬱』も、当初は修学旅行を盛り込む予定など微塵もございませんでした。それだというのに、いつのまにか話がそういう方向に進んでいました。たぶん、ウゾさんが近々修学旅行に行くという話を聞いていたせいかと……そういう適当さ具合です。


まあ、そういうわけで、ボクの物語は無計画で無軌道に進んでいくものをそれらしく見せて放出しているものがほとんどなのですよ!



以下、栗栖紗那が小説を書くときの流れ。特にお題がない場合デス。

歩行中、料理中、家事中、バイト中(おいっ)にふっとシーンが降ってきます。音楽聴いてることもしばしば。
ラフイメージです。マンガのネームよりももっとザックリしてます。
絵コンテよりももっと(以下略)



シーンに写っているものを詳細化。
『グランベル魔法街』ですと、薄暗い室内でフードを被った男が最初のイメージ。
じゃあ、姿勢は? うーん、机に脚乗せてるような感じかなぁ……などといろいろ考えていきます。
調度品は? そこはそもそも何? 外は……とかですね。
そういう風に世界観を練り込んでいきます。ただし、これはある程度で切りを付けます。でないと、そのうち矛盾とかがきになって崩壊しますから。
あ、ちなみにメモは取りません。ここまですべて脳内完結。



次は登場人物。
まあ、ラノベですので、女の子は出したいなぁ、とか考えつつ、周辺を埋めていく。
ついでに敵とか(テキトーに)。



最初のシーン決める。



書く。


え゛……とか言わない。
そんなものです。
で、書きながら終着点を模索していきます。なので、具体的にどこに進んでいくかは未知。
終着点など知ったことかぁ! と書いていきます。物語が右往左往してると感じたなら、きっとそれが理由。


お題がある場合は……そうですね。
舞台と登場人物をザックリ決めたら書き始める感じですね。まあ、今までそんなにお題で小説書いてないんで、それで済んでる、というのも大きいでしょうが。
実際、今は更新停止してしまいましたけども、“自分 自身”さんの『短編書いてみよう』企画が最初で、その後はちびちび何HIT記念、とかの時にやってるだけですからね。
しかも、大体はキャラ指定あるので、新規に考えることも稀ですし……


ああ、長くなってきた。
まあ、そんな感じなのですよー。
小説書いたことないし、敷居が高いと感じる方! まったくそんなことないと思います。
そりゃ、プロ並みを目指そうと思うなら努力は必要でしょうし、それなりに勉強する必要もあるかもしれませんが(友情あると感想とかもらえてなおよし。勝利はきっとプロデビュー)、趣味で書く程度なら気負う必要もそんなにないでしょう。

では、長々と駄文失礼しました~……


P.S.
どうやら、ウゾさんの弟くんが気にしていたらしいというので、一応アップしておきます。
というか、IEだと表示が隠れてしまうのですね……自分のところだと透けて見えていたので、違うのだなと始めて気がつきました。
まあ、↓は習作で描いたロボットです。

bg
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学


意見とか考えとかいろいろ……

    2013-06-05(Wed)

こんばんは。

長くなりそうなのと、一部未成年の方に不適切な表現が混じりそうなので、追記の方に置いておきます。
でも、多分読んでも大丈夫(保証はしません)。
不快に感じる方もいるかもしれない、っていうための処置です。

では……

≫ Read More

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学


グランベル魔法街へようこそpart20

    2013-06-05(Wed)

こんばんは。

本日二度目の更新。

いやぁ、まさか前回の『グランベル魔法街』の更新からひと月以上続きを書いてなかったとは……
サボリすぎにもほどがある。
リクとかがあったとは言え、いいわけにもならないですね。

何はともあれ、久々です。
そして、久々にもかかわらず、大きく事が動く内容となってしまった。
新キャラも出ますが、まあ、あえて説明はしません。

ということで、本文は何時もどおり追記に置いてありますので、お暇な方、興味のある方は是非。
前回までを読んでない方はこの期に一気読みしてもいいんですよ?
というわけで、今回はPDFの一気読み版をご用意しました。

DOWNLOAD

ではでは~……

≫ Read More

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学


いまいち納得できぬ……

    2013-06-08(Sat)

こんばんにゃー(=^・・^=)

藍樹さんの記事に触発されて、オルナちゃんを描いてみたわけだけど……
あれだね。一か月近く絵を描くためにペンを握らないと、線の引き方とかすっかり抜け落ちるんだね。
反復練習は大事。これテストに出ます。

で、肝心の無彩色イラスト(?)は↓です。

img0008_2.jpg
お持ち帰りは藍樹さんに限らせていただきます。一応、ね。

なんかいろいろ違うなぁ……
手もなんかおかしいな……
あれ、そもそも足はこの位置でいいのか……?
着物うまく描けないし、帯紐忘れたorz

あ、いつもなぜか描き忘れる眉と口は描いたよ? 珍しく。
ペンタブ買おうかどうしようか。買っても、どうせ趣味というか暇つぶし以上の使い道はないだろうし、それに対して1万円の出費は痛い!

うん、とりま保留だね。
そういえば、今日は『Love Flavor』の続きを書こうとしてたのに、いったい何を!?
まあアレだ。

予定は未定

ってヤツ。

でも、明日には書きたいな。
いい加減、どの話も月刊になってきて危うさを感じるよ。
多分、読者の方々がせっついてくれればスピードアップします。うん。

んじゃ、今回の記事はこのくらいでー。

テーマ : 挿絵・イラスト
ジャンル : 小説・文学


Love Flavor 004 : "そっか。じゃあ、ウチ来る?"

    2013-06-09(Sun)

こんばんは。

ジャスト一ヶ月!
いや、自慢になりませんね。長らくお待たせしました。

ついでに、バトンの方も回答しちゃいましょうね。
多分、ネタバレはないはず。

物語本文はいつもどおり追記に置いてありますので、お時間のある方、興味のある方は是非に。

 
【壱・ではまず呼び出す人に語らせてやってください。 なんというタイトルのお話から来ましたか?】
 
(蓮)胡桃崎蓮です。『Love Flavor』シリーズから来ました。
(紗夜)冬月紗夜だよ。先輩と同じく、です。
 
【弐・その世界では主にどんな生活をしていますか?】
 
(蓮)まあ、普通に高校生ですね。もうすぐ大学生になるけど。
(紗夜)あたしは中学生。でも、もう高校生になるよ。
 
【参・暮らしの中で嬉しい事ってありますか?】
 
(蓮)……恒樹からの手紙かな?
(紗夜)美潮ちゃんと高音ちゃんとわいわいしてることですね。
 
【四・辛いことってありますか?】
 
(蓮)(顔を背ける)
(紗夜)まあ、努力が報われないと少し辛いですけど……
 
【伍・ぶっちゃけ、自分の扱いや境遇についてどう思っていますか】
 
(蓮)ぶっちゃけていいなら、少し酷いかな。俺に、というよりはですが……
(紗夜)あたしは随分と厚遇されているような。お友達も優しいですし、素敵な先輩方にも出会えるようですよ?
 
【六・好きな異性のタイプを教えてください】
 
(蓮)(ため息)
(紗夜)特にタイプとかは。でも、できれば優しい人かな。
 
【七・得意な歌はなんですか?】
 
(蓮)彩音の『いつもこの場所で』……たぶん
(紗夜)アメージンググレイスかな?
 
【八・どうしても許せない事ってありますか?】
 
(蓮)あの男に限らず、犯罪者は許せないな。
(紗夜)人を傷つけること。肉体的にはもちろんだけど、精神的なものもダメだと思うな。
 
【九・こちらについて質問はありますか?】
 
(蓮)特に……ああ、でも恒樹がどうなるかは気になるな。
(作者)人のこときにする前に、自分のことをしっかりしなさいな。
(紗夜)どうすれば美汐ちゃんはもう少し静かになるでしょうか? 高音ちゃんがいる時はいいんですけど、二人きりの時はやや困ってます。
(作者)アレはどうしようもないです。そういう人間だからね……
 
【拾・最後に、今後の予定ややりたいことがあれば】
 
(蓮)大学入るし、少し新しいことをやりたいかな。
(紗夜)中学と同じで合唱部には入ろうと思ってます。でも、なんかパーっとやってみたい気がするよ。
 
【お疲れさまでした。最後に、回したい神様を5人選んでください】
 
(作者)物語の神様、イラストの神様、文章の神様、妄想の神様、そして『君に想いを、剣に誓いを』の神様でお願いします。


≫ Read More

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学


アリアドネの憂鬱 前篇への拍手コメへの返信

    2013-06-11(Tue)

公開したと思ってたら、下書きになってた(´;ω;`)

こんにちは。

少し変則的な記事です。
エンドカードの入手方法でもこういう形式とりましたけどね。
そして、思った以上に長くなりました。申し訳ないです><;


ボクの創作についての話は『決してそんなことはない……と思う』でしましたけど、まあもう一度というかなんというか。
あんまりこういう記事ばかり書いても何様だよって言いたくもなりますが、今回は脇に置いといて本題へ。





一般的に物語を書こうと思ったら、
・舞台
・登場人物
・話の内容
・終着点
(・テーマ)
ぐらいが必要なのかな?

・舞台
各シーンの場所もそうですが、大元となる行動場所。言ってみれば世界の設定です。
現代ものにすると、その主人公たちの身近な町なり学校なりだけ設定すればいいので楽。
細部まで詰めるかは場合によります。学校の場合、他校が出ないなら『学校』とかそういう名称でOKですし、関わりのない部活とかまで細々と決める必要はないでしょう。
ファンタジー・SFであれば、ここにそういった関連の設定も入れ込んでおきます。これは書きだしといたほうが吉。忘れると設定に矛盾が出たりします。

・登場人物
短編でしたら、メインはおそらく2~3人程度がいいでしょう。たぶん、3人ぐらいが一番書きやすいかと。2人だと会話が単調になりやすいので(自分だけ?)。
ここで肝心なのは、性格付けをある程度きちんとしておくこと。あえてそうするのもありですが、決めておかないと作者の操り人形になります。それこそ、ご都合主義的に突如現れたり、そんな発言しないだろう的な事も起こり得ます。
どこまで詰めるかは作者によるでしょうが、最低限会話を行う上で一人称(僕、俺、私など……)と怒りっぽい、とか突っ込み担当とか、その人が会話において基本的にどういう応答を行う人物か決めといたほうがいいでしょう。これは性格にも掛かってきますし。

・話の内容
たぶん、これが一番重要。
例えばドラゴンボール。
7個集めると願いを叶えることができる石を集めるお話です。これが基本路線。
で、そこへその石を狙う敵などが現れて戦っていきます。連載ですから、この場合はさまざまな目的を持った敵が入れ代わり立ち代わり現れますが、短編なら敵は一つでいいでしょう。まかり間違って三つ巴とかにすると、長くなります。
『アリアドネの憂鬱』では基本路線は主人公の少年と悩める少女の恋愛です。切っ掛けとして、他の人の悩みを解決するという要素を加えています。本当はこちらが先に決まったことですけどね、タイトル的に。

・終着点
短編なら、これは決めといたほうがいいです。
なくてもいい場合はありますが、基本的にないと右往左往して、それだけで文字数食って大変なことになりますし、下手をすると支離滅裂になるか、収拾がつかなくなります。
恋愛モノでしたら、ハッピーエンドかアンハッピーエンドのどちらかさえ決まってれば大丈夫でしょう。

・テーマ
これを盛り込むべきかどうかは微妙です。なので括弧を付けました。例えば、異文化交流というテーマを盛り込むのなら、話の内容、終着点もおおよそそれに沿ったものになるはずです。異文化交流をテーマにして、バトルロワイヤルとかありえないでしょう?


まあ、こういったものをまずは決めます。
ただし、あまり気負わないこと。どれから決めなくればいけないということもないです。
ある作者なら舞台から決めるでしょうし、別のある作者なら登場人物から決めるでしょう。
そして、なぜ気負わない方がいいかというと……

 要素について精査しすぎると、途端につまらなく見えてきたりします。
 あれ、これどこかで見たことある、など既視感を覚えることもしばしば。
 商業作家なら気にする必要もあるでしょうが、最初のうちは考えない方がいいと思います。
 ええ、そういうものです。


で、ここまで自分で書いといてアレですが、質問に直接お答えしてないような……
うん、そうですね。
楽しむことは大事です。集中力に大きく響いてきます。書くのが楽しければ、最後まで書こうと思えますし、速度も速いですから。
あと、常日頃妄想で遊ぶ。例えば、魔法が使えたら自分ならどうする? とかそういう些細な事でも構わないでしょう。え? 些細じゃない? じゃあ、例えば道端で財布を拾ったら……ここからミステリーが始まるかもしれませんし、はたまた素敵な出会いが……そういうIFを考えていると、いろいろ楽しくなってきます。
そして、その形として文章にしてみる、漫画にしてみる、イラストにしてみる。表現の形は様々だと思います。
小説という形が難しいなら、最初は演劇の台本のような、

 陽の沈む砂浜。
自分「僕は君を愛してる」
 相手の目を見つめながら言う。
相手「私もよ」
 相手は涙を流す。
 キスをする。


といった形式で書きだしてみるのもいいでしょう。この例はあまりにもクサいですが。
で、ここから一つ一つの動作や情景を詳細にしていけば、小説のような形になっていくでしょうし。

ボクの場合、最初からうまくやろうなんて思いませんでした。
誰だって、最初からうまくできるわけはないんですから。
もし上達を望むなら、身近な人に見てもらうのもいいでしょう。普段それなりに物語に親しんでいるなら、ある程度の指摘はしてくれるはずです。
物書きをしているなら、より詳細な表現などについても指摘してくれるかもしれません。ただ、文章の個性を潰してしまう可能性も無きにしも非ずですが、有用な意見として意識するのは有意でしょう。


えー、だいぶ長くなりました。総括です。
文章を書くという反復も大事でしょうが、まずはいろいろ想像してみてください。
たぶん、そこからだと思います。

ではでは……

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学


どこかに行きたいけど、でも面倒くさいという怠惰

    2013-06-13(Thu)

こんばんは。

とあるブログ見て、あ、大洗行きたいな、と思ったけど、車ないし電車で行くのもなかなかに遠い。
まあ、自転車で行こうと思えば、二日かからずにたどり着くのですけれどね……
え? 時間かけすぎって?
いやぁ、まあ、京都~愛知(名古屋)間を二日で行けたからそのくらいでしょう。

とまあ、結局実行しないことをうだうだと考えつつ、実行しなければならないことに思考をシフトする。

まず料理。
毎晩のように考えるのは結構大変です。世の中の主婦(夫)には頭が上がりません。
とりま、今晩は豆腐と野菜の炒め物とわかめの酢の物という手抜き料理にしましたとさ。
写真? 載せませんよ! 見た目悪いですしね……

そして、小説。
連載の方はひとまず置いといて、今は『神話系お題で遊ぼう』の方に手をつけています。
とりあえずは『ヴァルキュリアの恋人たち』からですね。
『アリアドネの憂鬱』と『バッカスからの招待状』はいちおう消化済みですし、ウゾさんと夕さんに便乗してこのタイトルで行くことに決めました。
ただし、短編じゃない予定。ある程度反応があれば、の話ですが。

うん、まあそんな感じかな?

最後に写真。


IMGP2672 (800x600)
IMGP2665 (800x600)IMGP2674 (800x600)

IMGP2676 (800x600)

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学


ヴァルキュリアの恋人たち chapter.00 [彼方より、此方に来たれり。此方より、彼方に至れり]

    2013-06-14(Fri)

こんばんは。

約束どおり? 神話系タイトルの新作です。
まだほんの序章で、謎だけ振りまいた感が満載ですが、お付き合いいただければ幸い。

読めばわかりますが、穹がなんの職業かは明記しておりません。
そのへんは続きを書いた時においおい出す予定ですので……(オイオイ、それで大丈夫か?)

うん、あんま書くことないですね。
本文はいつもどおり追記に置いてありますので、興味のある方、お時間のある方は是非に。

ではでは~……

≫ Read More

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学


ヴァルキュリアの恋人たち chapter.01 [最古参の新参者]

    2013-06-21(Fri)

こんにちは。

一週間、ですね。
うん、近日中と言っておいて、なんだか予想以上に時間がかかった……

敗因はいくつかありますが、まあ、想像していたよりも文字数が多くなってしまったのですよ。
本当は三千~四千ぐらいに収めようとしていたのですが、五千弱。
これからの更新はなるべく短くしようとしていた矢先にこれでは先が思いやられます。

まあ、何はともあれ、新キャラも登場。
しかし、未だに『ヴァルキュリア』のヴの字すら出てこないです。
働きとしては似たようなことをやってるのが一名おりますけどね……

小説の本文はいつもどおり追記に置いてありますので、興味のある方、お時間のある方は是非に!


≫ Read More

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学


『まおー』 第9話

    2013-06-22(Sat)

こんばんは。

番外編を書いていたせいか、間が空いてるように感じていませんでしたが、やはり最終更新は一ヶ月前なのですね……
本当に申し訳ありません_(._.)_

ようやくシリアスムードを脱しつつあるというか、そもそも本当はシリアスムードにするつもりもなかったのですがね。
うーん、さじ加減が難しい。
でも、魔王と勇者の対峙が避けえぬ以上、これをどう重くなりすぎずに書くかが肝要だったはずなのですがね。ぐぬぬ……

まあ、何はともあれ、戦闘は終了します。
次回以降はシア主導になるのかな、と思わなくもないけどノープランです。
でも、きっとなんだかんだ言って魔王様がなにかやらかしてくれるでしょう。そう願ってます。

いつもどおり小説の本文は追記に置いてあります。興味のある方、お時間のある方は是非に!

≫ Read More

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学


うわぁ……

    2013-06-30(Sun)

こんばんは。

とはいえ、大したことは書かないですけどね。

とりあえず、『グランベル~』の続きを書く事をしていたのですが、微妙に体調が優れないので途中で諦めました。
多分、明日には仕上がるでしょうけど。

熱っぽく、頭が重いし、さらには微妙に吐き気が。
頭痛だけならほっとくんですけど、吐き気ばかりはなぁ……

というわけで、早めに寝ます。(早くない?)

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール


Author:栗栖紗那

FC2プロフィール



BirthDay:5/8
BloodType:O

趣味で物書きやってる元学生。
プログラミングもするけど、そこまでスキルがあるわけでもない。

普段はぐだぐだとくだらないことを考え、よく妄想の世界で遊んでいる。
基本的に脳みそお花畑な人間。




最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
934位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
46位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アスパラグリーン

執筆と脱線の日記

旅の空でいつか

Debris circus

Fakelore Maker

いえのコップは使えない

移ろひ

満身創痍

玩具箱を引っくり返したッ!!

ピナフォークの残念なブログ

からくり童子 風のジード

展示中。自作ラノベ&詩!!

リツギのラノベ妄想でいず!

ナマクラ!Reviews

気ままな雑記帳

ピクルスの味

兎の読書週間

凛音天青

おさんぽ日和

星たちの集うskyの星畑

百鬼夜行に遅刻しました

Take it easy!!!!

smooch♪

scribo ergo sum

H0nNe96の雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。